PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「感覚は日常的に磨こう」

日記ってその日の出来事から感じた事とか書くんだろうけど。

日記を書き始めて思った事は、毎日おんなじような事の繰り返しの中で(それは悪くない)
その日常に慣れてて、意識して感じようなんて思ってなくて(それが悪い)
時間を無駄にしてるなーということ。

何年か前に絵の学校に半年間通った時の先生に言われて目からウロコだったのが
「感覚は日常的に磨こう」
ということ。
電車に乗ってる時間でも広告をみて、
この広告を作ったデザイナーはどうしてこの色を使ったのか、どうしてこのフォントを使ったのか
どうしてこの字だけ大きいのか、どうしてこの場所にこの文字を配置したのか。
とかを、なんとなく、じゃなくて、習慣的に考えていくことが大事だって。
そうやって見てみると
絵を見ても、目線、指の方向、服のしわ、どれをとっても意味があるのでびっくりでした。
どれをとってもそこに画家の意図があるので発見できるとおもしろい。
写真も同じー。
もともと絵が好きな私だったけど
なんだかかっこいい!とか
かっこいい!って思ったから好き。とか。
そんな言葉でかたづけるのはだめなんだよねー。
でも今でもよく使ってしまう・・・。反省・・・。
感覚をうまく言葉に表す努力も感覚を磨くうえで大切なことだすなー。

朝の歯磨きひとつとっても、毎日の行動でなんも考えずやってることだけど
歯を磨いている!と感覚する。
・・・感覚するってなに笑?
今なんも考えず書いてみたけど・・・。
感じて自覚する・・・。みたいな。。。感じかね。
それが大事らしいよ。
あー、やっぱりうまく言葉にできていないのは
なんも考えていないで歯磨きしてるからなんだけどね笑。

吉本ばななを読むと、毎日そうゆう風に感覚を磨いているいる人なんだな、という事がとっても解る。

| 未分類 | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://erat2m2.blog17.fc2.com/tb.php/25-8f317787

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。